山形県へ移住 米やみそ一年分

山形県は新年度、県外からの移住者世帯に1年分のコメ、みそ、しょうゆを提供する全国初の事業を始める。2018年度一般会計当初予算案に約260万円を計上し、300世帯分を準備する方針。 県や市町村の相談窓口を利用して、県外から移住する人が対象。住民票で山形県内に移住したことが確認できれば、県産のコメ1俵(60キロ)とみそ3キロ、しょうゆ3リットルを贈る。 県によると、コメやしょうゆなどを…

続きを読む

矢印だらけの交差点に苦情 熊本

熊本市中央区の繁華街に近い県道交差点のそばに、進行方向を示す矢印が横一列に七つも並び、地理に不案内なドライバーを混乱させている。手前にも同じ行き先を書いた標識があり、視界が矢印だらけになることも。総務省熊本行政評価事務所は管理者の熊本市に分かりにくさを指摘し、改善を求めている。 場所は、県道28号が国道3号と交差する水道町交差点。4車線いっぱいに左折標識が二つ、直進標識が三つ、右折標識が二…

続きを読む

宇都宮ギョーザが再び首位の訳

ギョーザ専門店が多く、「ギョーザのまち」として知られる宇都宮市は、1世帯(2人以上)平均のギョーザ購入額(総務省家計調査)が4年ぶりに1位になった。どのようにして首位に返り咲くことができたのか、調べてみた。 JR宇都宮駅から20分ほど歩いた宇都宮市中心街。宇都宮二荒山神社近くには、大通りと並行する「宮島町通り」の約100メートルの間に、ギョーザ専門店、ギョーザののぼりを掲げるラーメン店が計…

続きを読む