カルデラ噴火で原発停止に基準

原子力規制委員会は、原子力発電所の周辺の火山で破局的噴火の可能性が高まった場合に備え、原発を止めるための判断基準を作成することを決めた。 火山活動の状況に応じて段階的な目安を定める。1年後をめどに一定の方向性を示す。 破局的噴火は火砕流が数十~100キロ・メートル以上の広範囲に到達するような噴火で、巨大なくぼ地「カルデラ」が生じることから「カルデラ噴火」とも呼ばれる。 広島高裁…

続きを読む