雪対策に年50億円 JR北の嘆き

経営難が続くJR北海道に冬季の雪対策が重くのしかかっている。年間40億~50億円の経費がかかる上、人手不足が深刻化する中で除雪作業員の確保も難しくなっている。毎夜行われる除雪作業は、脱線などを防ぐため雪を丁寧に取り除く必要があり手作業に頼る部分が多い。JR手稲駅(札幌)で、雪国で鉄路を維持する厳しさの一端を見た。 「ザクッ、ザクッ」「ハァ、ハァ」。静まりかえった駅構内の線路上で雪をかく音と…

続きを読む

草津1.4万人超の宿泊キャンセル

12人が死傷した草津白根山(群馬県草津町)の噴火で、草津温泉の宿泊施設が噴火翌日の24日までに、少なくとも1万4千人以上の宿泊キャンセルがあったことがわかった。 草津温泉旅館協同組合が噴火の翌日午後2時現在で、加盟する宿泊施設105軒に噴火以降の宿泊状況についてアンケートしたところ、86軒から回答があり、宿泊のキャンセルが延べ1万4133人あった。 組合によると、外国人客のキャンセル…

続きを読む

百貨店ヤマトヤシキが精算検討

経営再建中で2月末に姫路店を閉店する老舗百貨店ヤマトヤシキ(兵庫県姫路市)が会社清算を検討していることが26日、関係者への取材で分かった。加古川店(加古川市)は新会社を設立して営業を続ける。全従業員はいったん解雇し、この新会社が再雇用する方針。事業環境が厳しい地方や郊外の店舗を中心に、全国で百貨店の閉店や廃業が相次いでおり、播磨地域を代表する老舗もその逆風に耐え切れなかった格好だ。 関係者…

続きを読む