韓国の学生らが「金ではなく謝罪」

慰安婦問題を巡る日韓合意に対する検証結果を受け、韓国の文在寅(ムンジェイン)政権が政府対応を決めるにあたって重視するのが、元慰安婦とその支援団体、世論の動向だ。 元慰安婦を支援する市民団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」は27日、検証結果発表を受けて合意破棄を主張。メディアも合意に対して厳しい論調で報じている。 挺対協は27日、ソウルの日本大使館近くで毎週恒例の「水…

続きを読む