実習生の失踪が急増 賃金の不満か 実習生の失踪が急増 賃金の不満か 実習生の失踪が急増 賃金の不満か 実習生の失踪が急増 賃金の不満か

日本で働きながら技術を学ぶ技能実習生として入国し、実習先の企業などからいなくなる外国人が急増している。法務省によると、今年は6月末までに3205人で半年間で初めて3千人を突破。年間では初の6千人台になる可能性が高い。実習生が増える中、賃金などがより良い職場を求めて失踪するケースが続出しているとみられている。 近年の失踪者の急増を受けて、法務省は失踪者が出た受け入れ企業などへの指導を強化。賃…

続きを読む