宅配商戦 生協が早朝で差別化

生鮮食品の宅配サービスに「アマゾン」や「セブン&アイホールディングス」など、大手が相次いで参入しています。それを迎え撃つかたちの元祖・食品宅配「生協」は、ある秘策を始めました。 配送員が届けた荷物の中身は、「生鮮食品」です。 「セブン&アイ」がオフィス用品通販大手の「アスクル」と手を組み、新たに始めるサービスが「IYフレッシュ」。アスクルの配送網を利用し、野菜や肉などの生鮮食品およそ…

続きを読む

Bitcoinの価格が一時100万円超え

インターネット上でやり取りする仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の価格が26日、国内の取引所で初めて一時、1BTC=100万円を超えた。 年初と比較すると、約10倍に値上がりした。機関投資家の一部が運用対象にするとの観測から、投機資金が流入しているとみられる。(読売新聞) 政府保証のない通貨だけにかなりのハイリスクだと思う。自己責任とはいえ素人は手を出さないほうが無難だね。

続きを読む

ポーラ謝罪 中国人を巡る張り紙

化粧品大手のポーラ(本社・東京)は25日、同社の店舗で中国人客に対する不適切な貼り紙があったとして、ホームページに謝罪文を掲載した。24日に中国のSNSに貼り紙の写真が公開されたという。すでに店舗を特定し貼り紙を撤去しており、事実関係を確認次第、店舗を営業停止とするという。「誠に申し訳なく遺憾に思う」としている。 店の場所や貼り紙の内容は明らかにされていないが、ネット上では、同社の国内の店…

続きを読む

「がんが治った」うそで飲料販売

「がんが治った」などとうその効能をうたい健康食品販売の勧誘をしたとして、消費者庁は24日、連鎖販売取引(マルチ商法)業者の「フォーデイズ」(東京都中央区)に特定商取引法違反(不実告知など)で、6カ月の一部業務停止を命じた。 「がんに効く」と水素水販売、スーパー部長ら送検 同社の2016年度の売上高は約430億円で、会員数は約35万人。同法違反による処分では、過去最大の取引規模という。…

続きを読む

ファミマがランドリー事業参入へ

コンビニエンスストア大手のファミリーマートは23日、コインランドリー事業に参入する方針を明らかにした。 都市部を中心にコインランドリーの利用者は増えている。ファミマは2019年度末までに、コインランドリーが使える店舗を約500店展開する計画だ。 店内に併設する形のほか、郊外の店舗では、駐車場の一部に専用の建物を設けてコインランドリーを使えるようにする。第1弾として、18年春をめどに関…

続きを読む