深夜に高速振動!東海道新幹線に欠かせない「マルタイ」

深夜、高速で振動する「爪」を線路に刺す。東海道新幹線には欠かせない作業です。 東海道新幹線の線路は、バラスト(石)の上に枕木とレールを設置する「バラスト軌道」というもの。昭和30年代の建設当時、実績のある構造だったため採用されましたが、線路にゆがみが生じやすく、1日およそ350本の列車が走る東海道新幹線では、毎日、こまめなメンテナンスが必要です。 この、バラスト軌道で発生したゆがみを…

続きを読む