ノーベル文学賞 韓国は今年も受賞の願い叶わず

今年のノーベル文学賞に英国人小説家カズオ・イシグロ氏(62)が決定したことを、韓国の聯合ニュースは速報で報じた。 聯合はイシグロ氏が長崎県出身の日系英国人で、5歳の時に父親と英国に移住したことなどを、経歴や日本のテレビ映像画面を交えて伝えたほか、代表作に「日の名残り」や「遠い山なみの光」などがあることを紹介した。 韓国では2000年に平和賞を受賞した金大中元大統領以来、17年ぶり2人…

続きを読む

北の挑発で10日警戒

米中央情報局(CIA)で朝鮮半島情勢を統括する「コリア・ミッションセンター」のヨンスク・リ副局長代理は4日、ワシントン市内の大学で講演し、北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日である今月10日(米国時間9日)に挑発行為を仕掛けてくる可能性があるとの見方を明らかにした。 リ氏は、9日が米国の祝日である「コロンブス・デー」にあたると指摘。北朝鮮はこれまでも米国の祝祭日に合わせてミサイル発射や核実験などを…

続きを読む

カタルーニャの「独立宣言」に備え、登記移転企業も

スペインからの独立問題で揺れるカタルーニャ自治州で、州政府が「独立宣言」に踏み切った場合に備えて、本社の法人登記を州外に移転する動きが出ている。 スペイン銀行大手のサバデル銀行は5日、「独立宣言」による混乱回避に備え、カタルーニャ州外へ登記を移転することを決定した。社屋と社員は移さないという。地元メディアによると、同様の動きは州内に本社のある金融機関で広がっている。 仮に「独立」すれ…

続きを読む

中国で猛烈なキャッシュレス化

中国が猛スピードで「キャッシュレス社会」に変貌しつつある。買い物や公共料金など、日常の支払いのほとんどが銀行カードと連動するスマートフォン1台で事足りる上、スマホがなくとも「顔」の認証だけで支払い可能なサービスも登場した。こうしたモバイル決済の総額は1年で5倍も増えた。一方で代金決済を通じ、さまざまな個人情報が金融サービス会社や中国当局に“ダダ漏れ”するリスクも指摘され始めた。(杭州 河崎真澄)…

続きを読む

カタルーニャで30万人デモ

スペイン東部カタルーニャ自治州の独立を問う住民投票で中央政府が投票を阻止するため警官隊の実力行使に踏み切った問題をめぐり、州都バルセロナで3日、約30万人が大規模な抗議デモを行った。(時事通信) バルセロナを中心としるカタルーニャ地方のGDPはフィンランドやデンマークと同等で、スペイン全体のおよそ20%なんだ。スペイン側も簡単に譲るわけにはいかないんだね。 カタルーニャの歴史的背景か…

続きを読む