青春を人生に一番最後においたらどうなる

アナトールフランスの言葉で、「もし私が神だったら、私は青春を人生の終わりにおいただろう。」という言葉があるんだ。うーん好きな言葉だけど、やはりその後半にも「髪」がないと青春を謳歌できないと思うんだ。 でも冷静に考えると、孫ができる歳に青春というのも変な話だよね。やはり青春は人生の前半が良いのかな? でも自分は死ぬその時まで髪の毛にはこだわりたいね。

続きを読む

風呂あがりの憂鬱

髪を毎日しっかり洗うのは、若い頃からの習慣だ。昔は洗い過ぎはよくないと言われたけど、結果としてこの歳まで髪の毛を残せたのは、こまめな洗髪に他ならないと思っているんだ。 ただその洗髪も最近、非常に違和感を感じている。シャワーを浴びた直後の水のしたたりが止まらない。ふと山の森林の保水効果のこと思いだした。そうか髪の毛が少なくなると頭の上の保水効果も低下するんだと、、 風呂上りに鏡をのぞく…

続きを読む

髪は男にとっても命

昔から禿げる事は覚悟していたけど、何歳だから納得できるものでもないね。 できるなら命絶えるその日まで、一本でも多くの髪の毛を残したいのが本音。 ところが、この数カ月で髪の量が一気に減った感がある。 特に夏は、汗で髪の毛がベタつくから尚更、意識してしまう。 最近は、雨の多いからとにかく濡れないように意識している。 「髪は女の命」といわれるけれど、正確には「髪は男にとっ…

続きを読む